Bathyscaphe - Jotok

Bathyscaphe(バチスカーフ)とはフランスの深海探査艇。パリの深淵より常徳堂がお届けします。

アンティークと深海

 つい先日、パリの友人を介して、日本にかなりクレイジーな番組があると聞き、早速その「クレイジージャーニー」という名を検索していくつかの放送を視聴した。

 それはまさに聞いた通りの面白さ。歴戦の勇者さながら、百戦錬磨の何事にも動じないクレイジーな旅人達が辺境のクレイジーな世界を垣間見せてくれるというもの。

 中でも、深海の調査を通して生命の起源を探求する生物学者の高井研さんの話は、美術畑のしがない構成員でしかない私にもグッと来るものがありました。

 

f:id:jotok:20160709054113j:image

 

 常徳堂(フランスでは”Jotok”)という名の下、西洋骨董から現代美術まで幅広く取り扱い、その他にも美術館での仕事やクリエーターのマネジメント、果ては執筆に至るまで、専門分野でもある「美術市場」という枠組みの中で様々な仕事をさせて頂いておりますが、とりわけ常徳堂の出発点となった西欧のアンティークに関しては、思い入れもひときわ強いというのが本音であります。

 

f:id:jotok:20160709054217j:image

 

 未だ見ぬ古くて美しいモノに出会うため、華やかなオークションハウスやアンティークフェアはもちろんのこと、蚤の市や業者市、その他にも日本人が立ち入るべきでないような泥棒市にまで足を伸ばすというのは最早狂気の沙汰でありますが、幾多の戦禍をくぐり抜け、現在に至るまで誰かの手によって受け継がれてきたモノには何とも言えない美が宿るというもの。

 

f:id:jotok:20160709054248j:image

 

 ひとつのモノが背負う歴史や文化の重みに感動し、その美に魅せられ、束の間でも良いからとついつい手を伸ばしてしまう、というのが我々の性でありますが、それはまるで骨董という名の深海に潜り、飽くなき美を探求するということなのかしらんと、冒頭の高井研さんを見てふと思う。

 f:id:jotok:20160709054253j:image

 

 忙しさにかまけて一年ちょっとぶりにこのブログを更新したのですが、今後は名を新たに再開致します。
 ブログのタイトル、Bathyscaphe(バチスカーフ)とはフランス語の深海探査艇。1946年にオーギュスト・ピカールによって発明され、ギリシア語の単語"bathys"(深)と"skaphos"(船)を組み合わせて"bathyscaphe"と命名されたそう。


 常徳堂であることに変わりはありませんが、こちらのブログでは商品の紹介をはじめ、美術市場のこと、アンティーク、近現代美術のことを、パリの深海よりお届けします。

 引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 

f:id:jotok:20160709054318j:image

*写真は全てバチスカーフ・トリエステ号のパブリックドメインを使用。