Bathyscaphe - Jotok

Bathyscaphe(バチスカーフ)とはフランスの深海探査艇。パリの深淵より常徳堂がお届けします。

週末はホテル・ルテシアへ

Hotel LUTETIA

 パリ左岸、サンジェルマン・デ・プレ地区の中心に位置するホテル・ルテシア。
 世界で最も歴史のある百貨店ボン・マルシェの対角に位置するこのホテルは、開業以来、多くの著名な芸術家にも愛されてきました。アルベール・コーエンはこのホテルで代表作『選ばれた女』を執筆し、ピカソやマティス、アンドレ・ジッド、ジェームス・ジョイス、サミュエル・ベケット、サン=テグジュペリ、ジャン=ポール・サルトル、アンドレ・マルロー等、多くの著名人を魅了してきました。
 

f:id:jotok:20140517032900j:plain

 

 シャルル・ドゴール元フランス大統領が結婚して最初の夜を過ごしたホテルでもあり、そのスイートルーム・エッフェルがある7階の710号室からの眺めはまさに最高の贅沢。イヴ・サンローランのパトロンとしても知られる実業家のピエール・ベルジェ氏は6階のスイート・パリジャンに12年もの長きに渡って暮らしていました。
 
 1907年より3年に渡って工事が行われ、建築家ルイス・ヒポリト・ボロー(Louis Hippolyte Bolleau)とアンリ・トザン(Henri Tauzin)の手によって建設されました。このホテルの顔とも言えるアールデコのファサードは、レオン・ビネ(Léon Binet)とポール・ベルモンド(Paul Belmondo)の作品です。
 

f:id:jotok:20140517103253j:plain

 

三年間に及ぶ大改装

 1955年以来、ホテル・ルテシアはフランスの名家・テタンジェ家(Taittinger)が所有していましたが、2005年にはアメリカの投資会社であるスターウッド(Starwood Capital Group)によって買収されました。
 そして、2010年7月末には、イスラエルの億万長者であり、投資家のアルフレッド・アキロヴ(Alfred Akirov)が所有する会社(Alrov Group)が1億5000万ユーロを支払い、ホテル・ルテシアの新しいオーナーとなります。
 
 それ以来、今日に至るまでスターウッドの子会社であるコンコルド(Concorde Hotels & Resorts)によって運営されていましたが、2014年4月、改装工事を迎えるために100年を越える歴史に幕が下ろされました。改装工事は今後三年かけて行われる予定で、それにかかる費用はなんと1億ユーロ(約140億円)。文化遺産に指定されているファサードやサロン、Barilletのステンドグラスは今後も保存されますが、231室あった客室やスパ等は全て取り壊されることとなりました。
 

f:id:jotok:20140517030537j:plain

 

オークション

 そして、この大改装に伴い、ホテル・ルテシアのサロンに展示されていた美術品、客室の備品やレストランの備品等、3000点を超える品に加え、8000点にも及ぶワインやシャンパン等を販売するオークションが開催されます。
 美術品に関しては、ヌーヴォー・レアリスムの彫刻家セザールの作品やアルマンの現代美術作品等、珠玉の戦後・現代アート作品が出品されます。その他、客室の机や椅子、ソファ、ランプ、リネン、そしてレストランで使用されていた什器や銀器など、ホテルの100年に渡る歴史が刻み込まれた様々な品が出品されます。
 オークション・カタログは三冊80ユーロで販売されていますが、インターネット上で無料で閲覧することもできます。
 

f:id:jotok:20140517103927j:plain

 

展示会

 この歴史に名を刻むオークションは5月19日(月曜日)から五日間かけて行われますが、18日(日曜日)まではホテル・ルテシア内で下見会が開催されています。普段はまず見ることの出来ないであろうスイート・ルームやいくつかの客室、サロンが公開されており、非常に見応えがある展示会となっています。
 出品される品の予想価格は50ユーロのものから80,000ユーロのものまで幅広く取り扱っており、どなたにも楽しんで頂くことが出来ます。
 オークションでの入札は事前登録が必要不可欠ですが、下見会は一般に公開されています。
 
 今週末はホテル・ルテシアで過ごしてみてはいかがでしょうか?
 
 
日時:展示会 2014年5月15日(木)ー18日(日) 10時ー18時
   販売会 5月19日(月)ー25日(土)
会場:ホテル・ルテシア 45 Boulevard Raspail, Paris, 75006, France