Bathyscaphe - Jotok

Bathyscaphe(バチスカーフ)とはフランスの深海探査艇。パリの深淵より常徳堂がお届けします。

1930年 パリ・オペラ座のバレリーナ

バレエ「白鳥の湖」の稽古をするバレリーナ。

f:id:jotok:20130113230800j:plain

f:id:jotok:20130113230817j:plain

f:id:jotok:20130113230748j:plain

f:id:jotok:20130114001807j:plain

f:id:jotok:20130114021916j:plain

f:id:jotok:20130113230845j:plain

 この一連の写真はアメリカの報道写真家、アルフレッド・アイゼンスタット(Alfred Eisenstaedt)によって撮影されました。舞台は1930年のパリ・オペラ座、リハーサル室。客席から見上げるシャガールの天井画のさらに上の階に、現在もリハーサル室は存在するそうです。 1928年に写真家として活動を始めたアルフレッド・アイゼンスタットは、1934年にはヒトラーとムッソリーニの会談を記録した数少ない写真家となりますが、ユダヤ人であった彼はナチスによる迫害を免れるため、1935年、アメリカに移住します。

f:id:jotok:20070121171523j:plain

 その後、LIFE誌の専属カメラマンとなり、マリリン・モンローやヘミングウェイ、ソフィア・ローレンなど、多くの著名人の肖像写真を撮ります。

f:id:jotok:20140726021152j:plain

 彼の最も有名な写真は『Legendary kiss V–J day in Times Square(勝利のキス)』でしょう。1945年8月14日、連合国軍の勝利による第二次世界大戦終結を喜び合う群衆の中で、看護婦と水兵がキスをしている瞬間をとらえた写真です。

 

 アルフレッド・アイゼンスタットが写真家として駆け出しの頃に撮影したこれらの一連の踊り子の写真はあまり知られていないそうですが、1930年のパリといえば、1929年の世界大恐慌をきっかけに保守的になっていた時代。ベル・エポックと呼ばれた華やかな時代が終わり、1914年の第一次世界大戦を経験し、1920年代の狂乱の時代を超えた社会。 オペラ座の踊り子たちが一望のもとに見渡したパリは、一体どのような風景だったのでしょうね。